2008年04月03日

目が、目がぁ〜

爪の痛みは引いてきましたが、目が痒いのです。



最近左目がとみに痒く、異物感でゴロゴロする。

病院行った方がいいのかなぁ……?



posted by 宮崎トリコ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

パキッ

爪っ……。

爪が割れた……っ。




い、




……痛ぁっ!!

すごい痛い!
posted by 宮崎トリコ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ライラの冒険 黄金の羅針盤

毎月ついたちは映画1000円の日。
ということで、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を鑑賞。



全体的にファンタジーモノとしては悪くはなかった。
けれど、やはり展開が駆け足過ぎてよくわからない場面が多かった。

特に、世界観などは最初の時点ではちんぷんかんぷん。
おそらく、原作やパンフレットを買った人なら、すんなり理解出来たのだろうけれど。
ただ、展開が進むにつれて世界観は何となくわかっていくので、別の不親切なファンタジー映画よりはだいぶマシ。
もしかしたら、字幕で見てたのが良かったのかもしれない。

色々やりたい場面や、描きたいシーンがたくさんあったんだろうなぁ、という製作サイドの声が聞こえてくるようだった。
しかし、2時間という枠に収めねばならない以上、ストーリーは厳選されるべきだったと思う。

ストーリーを進めることが優先されて、人物の心情描写が犠牲になっていた。
魔女が主人公に肩入れする動機などはまったく描かれていないので、クライマックスで救援に来ても「???」。

いっそ3部作でなく、4部、5部作にしても良かっただろう。
予算の関係上、そうも言っていられないのが本音か。


映像美は文句なし。
白熊が走るシーンは、あきらかにライラが乗りにくそうで違和感があったが、そのくらい。
ラストの戦争のシーンは迫力があった。


と、まあ、色々不満はあったけれど第1部のつかみとしては上々だったと思う。
2部にも期待が持てる。



posted by 宮崎トリコ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(5) | 劇場映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

週刊少年ジャンプ '08/18号

今週のジャンプ(18号)感想


【リボーン!】
やっぱり、ツナはスパナの好奇心と探究心によって救われてた。
X-BURNER完成の糸口はコイツか。

了平vsバイシャナは、了平があと1回追い詰められてから逆転かな。


【ワンピース】
くそう……予想を外したwww
いや、しかしwww
手配書顔の男とは予想の斜め上だwww


【ナルト】
ちょ、サスケ放置で結局なにも明かされないままイタチ死亡かよ!

あと、たまにでいいから鬼鮫のほうも映してあげてくださいねw


【ダブルアーツ】
先週から始まった新連載。
好みではあるんだけど、内容が月刊誌向きなんだよなぁ。どう見ても。
すぐ打ち切られそうで怖い。


【ブリーチ】
まさかの過去編突入。
ヴァイザードの面々は元隊長格ばっかりか。
ということは、虚化した彼らがごそっと一気に抜けて、体調が入れ替わった時期があったということか。

藍染がどうしてダークサイドに落ちたのか、と、ヴァイザード誕生が描かれるのかな。

黒崎オヤジも来るか!?


【ネウロ】
笹塚さんかっけぇwww
ネウロのドS本性を目の当たりにしても動揺しないダルさ。


【アイシールド21】
船上祝賀パーティ。
って、アニメで同じネタなかったっけ? 気のせい?

棘田は咬ませ犬か。
っていうか、噛ませにすらなっていないよな……。
関西勢に対抗できる関東の選手って、清、阿今、峨王くらいのもんじゃないか?


【サイレン】
早くもサスペンスよりもバトルものの雰囲気が色濃くなってきたぞ……。
たのむから、中途半端のまま打ち切りとかやめてくれー。


【ハンターハンター】
ピトーってこんなキャラだったっけ?
王の覚醒を目の当たりにして性格変わったのか。

ゴンは冷静さを失って、暴言吐きまくり。
こ、こんなゴンは見たくなかった……(泣)
あの純粋なゴンはどこへ。


【Dグレ】
リナリー、強っ。
少年誌名物、強さのインフレが加速してきたDグレ。

師匠参戦。
他のエクソシストも生存しているな、これは。

posted by 宮崎トリコ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(13) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

起動戦士ガンダム00 #25

第25話「刹那」


第1期、最終話。

急展開過ぎて、何から書けばいいんだかわからない!(汗)


箇条書きに。
(あとで整理します)

▼刹那の「狙い打つ!」と、GNソードについての回想は、今でもマイスターたちはロックオンと共に闘っているんだなぁ、と感動。すごく良かった!

▼ラッセ……やっぱり死亡組?(涙)

▼金色ジム。これは……百式w?

▼見下したしゃべり方からすると、パイロットとしての腕はアレハンドロのが刹那より上?

▼黒幕はやはりリボンズかい!

「俺たちがガンダムだ!」



▼アレハレ、融合!?

▼髪をかきあげた姿はカッコよかった!

▼ソーマ=マリー!?

▼初めて「ピーリス」と名前で呼んだセルゲイ。

▼そしてソーマは親ぐまさんに告白w?(違)

▼気持ちが一つになったことで、ハレルヤは消滅……か?



▼ティエリアは……普通に考えれば、太陽炉を放りだした時点で死亡フラグなんだけど、次回に顔が出てるしなぁ。



▼グラハムwwwwなんでこんないつもいいところで出てくるんだwww

▼刹那の「ビームサーベル!?」は、初邂逅の対比になってて面白い。

▼GNフラッグは、GNドライブを差し替えることによって、高出力のビームサーベルを展開することを可能にした(ある意味)接近戦タイプとみた!(こういう工夫や改造は大好き)

▼刹那もグラハムも顔バレ。

▼愛を語ってしまうしw

▼呆れ声の刹那に萌えたw(爆)

▼刹那はゆがんでいる、と言ったけれど、グラハムは真っ直ぐ過ぎるんだろうなぁ




▼刹那……やっぱりマリナ宛に手紙書いてたのか。素直じゃないな。

▼この様子だと、刹那生存に50円。


【セカンドシーズン】

▼舞台は4年後。(私の予想は3年後。外れた……)

▼沙慈、病みっ子になったと思ったら、しっかりルイスとの約束通り宇宙に働きに。根がイイ子なんだな……。

▼世界連合は連邦軍として維持されることに(世界は一応、ひとつに?)

▼黒人の連邦代表っぽい人が、いま米国の大統領選で注目を集めるあの人に似てると思った。

▼ちょwww普通にコーラ生きてるしwww

▼ネーナがリューミンに「お嬢様」って。やっぱり兄弟が亡くなったらリューミンを頼って行ったのか。

▼シーリン、マリナの元を去る。CB加入フラグ? それとも、マリナが立派な為政者になったという表現方法?

▼イノベイター? リボンズはハーレムだなぁ。

▼グラハムの仮面ww

▼アリー!? 兄貴の刺し違えた意味が……(涙)

▼ティエリア×ルイス!? え!?

▼と思ったら、彼女(?)がリジェネらしい。

▼リジェネ役として朴さんの名前が。また、かつてのガンダム主役級声優が参戦。

▼00ガンダム。薄暗かったけど、なんだかカッコよさげw





HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う


1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う


HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by 宮崎トリコ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(83) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

週刊少年ジャンプ '08/17号

今週のジャンプ(17号)感想


【ワンピース】
海に落ちたルフィを助けようと飛び込むチョッパーとブルック。
能力者www

ブルックは、ゾロのように正面から押す剣士ではなく、変則的に戦うのか。
剣士という設定がかぶってるから、どうするのかなと思ったけれど、一安心。

さて、いい加減デュバルは誰だ?


【ナルト】
結局、何一つ明らかにされないまま、サスケvsイタチは終了。
大蛇丸は復活の伏線を見せた翌週に、黒の炎に焼かれて絶命。
何のための伏線だったんだ?(汗)

次回は今までいまいち活躍の場がなかったシノの攻撃。


【リボーン!】
予想ははずれて、お兄さんとターバンの対決。
匣は、ターバンが蛇、了平はカンガルー。
こちらはどちらもイメージ通りだった。

しかし、これで「思ったよりノーマルなネーミング」って、今まではどんなセンスだったんだろw?
これでまだましとかwww


【ブリーチ】
んー……なんかご都合主義っぽい展開。
今までの複線総無視で、新しい位置替え戦法とか。

しかし、4番なのに藍染のお気に入りだな、ウルキオラ。
閉じ込められた場所とは別の場所から出てくるウルキオラ。

そういえば、爺さんの十刃はバラガンというみたいね。


【ハンターハンター】
まさかのピトー土下座(ちょっと違)
王の指令が最優先か。

人の命を救う行為を見せるピトーに戸惑うゴン。
そりゃ、恩人の敵で、絶対悪と思っていた相手が、人間を救おうとしているところを目の当たりにしたら、混乱するよね。

これでゴンは、ピトーと全力で戦えなくなってしまった気がするが、どうだろう?


【Dグレ】
ついにリナリーのイノセンス復活。
血を媒体に、というと、クロウリーの奥の手を彷彿とさせる。
やっぱり、あの時覚醒したクロウリー並みに強いのかな。



posted by 宮崎トリコ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(10) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

Sweet Rain 死神の精度

22日、公開初日に見に行ってきました。
初回特典なのか、ポスターをもらえてほくほくw


内容は非常に良かった。
原作タイトルに余計な副題の追加された映画は、往々にして原作改悪のハズレが多い傾向にあるけれど、この映画は原作ファンの自分にもとても楽しめた。
原作の持つ雰囲気を壊さずに、かつ映画のオリジナリティも忘れない脚本と演出に拍手。
原作のいくつかのエピソードを3つにまとめてあったのだけれど、自然に融合してあった。

必然的に「死」というものを扱わざるを得ない今作品において、原作と同じく「死」を重々しくなく、かといって悲観的でもなく、あたりまえにそこにあるものとして描かれている。

主題歌の歌い手が作品の登場人物(コニタン演じる藤木一恵)である、という点は好き嫌いが分かれるところだが、私は好評価。
ミュージックが好きな死神が主役の映画にふさわしい計らいだと思う。


残念な点は、上司の黒い犬に声が当てられておらず、字幕で表現されていたところ。
あそこはベタでも奇をてらわずに声優を当てて欲しかった。

それと、時間の尺の都合もあるのだろうけれど、3つのエピソードに絞ってしまったために、先が読みやすくなってしまっている。
原作の最後のエピソードは、「ああ、なるほど!」と思わせる伏線だったけれど、今作はその伏線が透けて見えてしまった。


それでも、原作のファンにこそオススメする映画。
相方も楽しめていたみたいだし。


余談だが、ロケ地に地元のがあって、懐かしい風景に少し郷愁的になれた。




まぁ、帰った後に録画したガンダム00を見てショックを受けちゃったんだけどね(苦笑)





Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Sunny Day(初回生産限定盤)(DVD付)
[アーティスト] 藤木一恵
[レーベル] DefSTAR RECORDS
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


「Sweet Rain 死神の精度」オリジナル・サウンドトラック「Sweet Rain 死神の精度」オリジナル・サウンドトラック
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] 「Sweet Rain 死神の精度」オリジナル・サウンドトラック
[アーティスト] サントラ
[レーベル] バップ
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by 宮崎トリコ at 23:07| Comment(3) | TrackBack(19) | 劇場映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょ、夢見悪っ

昨日のガンダム00……。

まさか夢にまで出てくるとは思わなんだ(滝汗)

直前に会ってた恋人よりもガンダムが夢に出るって、どんだけショック受けてんだよっ!!
し、しばらく引きずりそう……。

posted by 宮崎トリコ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

起動戦士ガンダム00 #24

第24話「終わりなき詩」


リアルタイムで見れなかったため、録画で視聴。


サブキャラがどんどん死んでいく、まさに1期の山場。


これが戦争を描く「ガンダム」の本質か。
これでもかと主要キャラの命が宇宙へ散っていく。

クリス。
リヒティ。
コーラ。
モレノ医師。

トレミークルーの和気あいあいとした身の上打ち明け話。
前回の戦闘で生き残ったコーラサワーに安堵するカティ大佐。

直前の会話が無為の死への涙を誘う……。



司令室(?)へ銃口が向けられてそのまま発射、というのは、同じ状況においてそこに都合よくフリーダムが救援にきた種へのアンチテーゼと受け取った。
戦争に救いなどないのだと。


アレハンドロの駆るMAの砲撃によって、トレミー、ナドレ、キュリオスが大破。
しかし、金ぴかの成金MAは趣味が悪い……。

ナドレは戦闘不能。
キュリオスはかろうじて戦闘可能レベルの破損だけど、来週にソーマとの決戦が待っていそうでどう転ぶかわからなさそう。



ロックオンやクリスの遺志を継いだフェルトが今後どう成長を遂げるのか、期待。

あとはグラハムとネーナの動向が気になる。
最終決戦に間に合わなかった両者は2期へ持ち越しか?
ネーナは疑似太陽炉計画の根本の情報を握ってそうな偽ハロを持っているので、まさか死なないとは思う。
沙慈は必要な描写は描ききったと思うから、2期で思い切り活躍するだろう。



来週は1期最終回。

生き残るのは、

主人公補正で、刹那。
遺志を託された、フェルト。
CBの要である、スメラギ。
その同舟の、イアン。
正体のまだ明かされていない、ティエリア。

と予想。


+ + + + + + + + + + + + + + + 

大変申し訳ありません。
こちらの手違いで、いくつかのブログ様に別名義のトラックバックを送ってしまいました。
お手数ですが、「一人十色」名義のトラックバックは削除をお願いいたします。


自分では冷静なつもりでしたが、あまりの展開によるショックでどうかしていたようです。
本当にすみませんでした。

+ + + + + + + + + + + + + + + 


posted by 宮崎トリコ at 23:42| Comment(2) | TrackBack(34) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出かけよう

お給料入って、久々にゲーセン行って楽しかったw


今日も今日とて横浜へお出かけ。
う〜ん……、しかし、リアルタイムでガンダム00が見れないなぁ。

無念……。


posted by 宮崎トリコ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。