2008年05月05日

隠の王 #05

第5話「慾」


風魔の里から帰還した壬晴たち。
そこに以前壬晴を襲った山背が現れ――。


秘術関連の書物の処分。
壬晴の視力が戻らないのは、気羅の影響……だったかな?
もうコミックスが手元にないから細かいとこわかんないや(苦笑)


自らを天涯孤独と称する雷鳴に、「俺たちは君の何? 友達だろ」と言う壬晴。
雷鳴自身は仇である兄の雷光をおびき寄せるために壬晴のそばにいるつもり、だったけれど、心境に変化が。

今回のことで絆は深まった……w?
普通の男女ならこの場面でフラグが立つんだろうけど、なぜかこの2人の場合、フラグに感じないのが不思議だ(苦笑)



一度襲われた相手に動揺すらしない壬晴は大物なのか、感覚がずれているのかw

山背の気持ちは、(一応)大人なんでわからなくもない。
あの時こうしていれば、あの時のあれがなければ、とか、誰でも一度は思うことはあるだろうし。

森羅万象を保持している限り、壬晴には思惑をもった者しか近づいてこない。
ある意味真実だろうけど、多感な10代の少年には残酷だよな。
だから壬晴は無関心でいようとしているんだろうけど。


大事なものを守るためには綺麗ごとだけでは済まないと諭される帷先生。
帳先生は忍らしくない性格なんだね。
というか、この人の方が主人公っぽいのはなぜだw


宵風登場。
まともに口をきいたのって、これが初めて?



⇒「隠の王」アニメ公式サイト




隠の王 2 (2)隠の王 2 (2)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 隠の王 2 (2)
[著者] 鎌谷 悠希
[種類] コミック
[発売日] 2005-04-27
[出版社] スクウェア・エニックス

>>Seesaa ショッピングで買う




posted by 宮崎トリコ at 02:00| Comment(1) | TrackBack(14) | ▼隠の王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

隠の王 #02

第2話「雷鳴、来る」


風魔の里より侍・雷鳴が来る。
壬晴の無関心にいら立つも、ただの無関心ではないところを目にした雷鳴は壬晴を風魔の里へ連れていくことを提案する。


ようやく女の子キャラ、雷鳴の登場です。
ツッコミのようでいて、実はボケw


壬晴の修業シーンが削られてるのはなんだかなぁ。
原作だと簡単な逃走用忍術とか少しだけ覚えてるのに。

風魔の里での戦いはどう描くつもりだろう?


ツバメの雛を助けるが、崖から落ちそうになる美晴。それを助ける雷鳴。
良いシーンだけど、ツバメは屋根の下など雨よけのできるところに巣を作るので、あんなところに巣があるのはおかしいんだけどなぁ(苦笑)


「みんな腹に一物ありそうだよね」
との雷鳴の談だが、ホントに全員が全員と言っていいほど一物持ってるからなぁw

そういえば、雷鳴の黒い部分はまだ出てないけど、次回へ持ち越しかな?



⇒「隠の王」アニメ公式サイト



隠の王 (1) Gファンタジーコミックス隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
[著者] 鎌谷 悠希
[種類] コミック
[発売日] 2004-11-27
[出版社] スクウェア・..
>>Seesaa ショッピングで買う






posted by 宮崎トリコ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(9) | ▼隠の王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

隠の王 #01

第1話「目醒めるもの」


(よくよく考えると、今日のアニメのタイトル、目覚めまくりだなぁ)

今期アニメ中、数少ない原作既読の作品。
正直、ホリックとこれくらいしか読んでない。
というわけで、結構期待の作品。

第一印象は変に凝っていなくて好印象。

OPはほとんど動かないなぁ。
少なくとも忍者アクションなんだから、もっと動かしても……・


ボーイッシュくぎみぃはアルフォンス以来だけど、結構いいかもw
ちなみに日野さんも出てるので、一部のファンは狂喜だろうなぁ。

積極的無関心を装う主人公、ってのは萌えるなぁw


急展開な印象だけど、私の主観だと原作の展開速度もこんなもんだからなぁ。
それでも、アニメオリジナルの構成で飽きさせないようカバーしてるのは上手い、と思う。


EDはefのELISAかw
道理でCMに「euphoric field」があったわけだw


まぁ、よっぽどの事(極度の作画崩壊等)が無い限り、おそらく最後まで視聴継続確定かな。



⇒「隠の王」アニメ公式サイト



隠の王 (1) Gファンタジーコミックス隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
[著者] 鎌谷 悠希
[種類] コミック
[発売日] 2004-11-27
[出版社] スクウェア・..
>>Seesaa ショッピングで買う


posted by 宮崎トリコ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(16) | ▼隠の王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。