2008年04月18日

図書館戦争 #02

第2話「図書特殊部隊」


図書特殊部隊「ライブラリータスクフォース」に配属された笠原。
体力面では男に劣らぬ実力を持つも、座学では足を引っ張ってばかり。


2年間、図書館に勤めていた身としては、分類番号等は今でも体に染みついていますw
今でも図書館への就活のために勉強してるし、たぶん笠原よりはイケると信じてる!

だからか知らないけれど、連夜特訓に励む笠原を見ていると応援したくなる。
あれはやってくうちに体で覚えていくもんだから、心配しなくてもその気合があれば自然に身につくから大丈夫さ b!


しかし、設定が設定とはいえ、館内での銃撃戦とかすごいなぁ。
利用者とか普通にいるのに。


手塚のイヤミは……根っからの性格というより、若さだな。
落ちこぼれを嫌うあまり、個人プレイに走るところとか、特に。
特に連携とチームプレイが重要な役職において、できる人間ができない人間をフォローするのは当然。

笠原は確かに未熟だけど、手塚も手塚でまだまだ未熟だわな。



しかし、毎度笠原の絶叫で終わるのがパターンかw?



⇒「図書館戦争」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 01:32| Comment(2) | TrackBack(25) | ▼図書館戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

図書館戦争 #01

第1話「我ガ王子様ハ図書館ニアリ」


今期、ギアスに続く大本命アニメ。

検閲に対抗する関東図書隊の活躍。
設定はぶっ飛んでるんだけど、司書を目指す私にはめちゃめちゃカッコいいっすw

原作の有川さんが自衛隊に詳しいだけあって、ミリタリ関連はしっかり練り込まれてる。

対決の構図においても「情報規制、検閲=悪」というのは現代における普遍の認識だし、視聴者にも分かりやすく、見ていて小気味が良い感じ。
一昔前のヒーローものに通じるところがあるかもしれない。

まだ笠原は夢を追っている感じ。
予告(?)を見るに次回は戦闘パートらしいので、現実と向き合う中で笠原はどう成長していくのだろう。


OPは高橋瞳。
ぱっと聞いた感じではいい感じw
EDのほうがOPっぽかったけど、まぁそこは気にしない方向で。


あえて原作は読まずに取っておいてあるので、今後の展開が楽しみ。



⇒「図書館戦争」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(23) | ▼図書館戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。