2008年10月05日

機動戦士ガンダム00 2nd #1

第1話「天使再臨」


待っていた……待っていたぞ! ガンダム!!


やはりというべきか、初回からグロをやってくれました。
ガンダムらしいといえばらしいけど。


セルゲイはソーマを養子にでもするのかな。
最後に息子の存在を知ったソーマが意外そうな顔してたし。


セラヴィ、なかなかいいじゃん。
新ガンダムといい、アロウズの機体といい、最初は格好悪いと思ったけど動いてるの見るとむちゃくちゃカッコいいなぁ。


ガンダムを目撃したルイスの目が光ってたね。
後天的にティエリアやリボンズの能力を埋め込まれたとか?
体調もかなりよろしくなさそうだったし。

いずれ沙慈vsルイスはやらかしそう。


ティエリアと刹那は以前ほどギスギスしていない。
むしろ信頼があるようにも思える。
ロックオンの繋いだだ絆は生きているのだと実感。


そのロックオンは死亡確定のようだけど、弟(?)のライル登場。
ロックオン並みの狙撃能力を持っているのかな?


OPは大好きなUVER。
正直1stシーズンなんて目じゃないほどの出来。
というか、曲の出来は1期もよかったけど、こっちの方がカッコいい。
ロボットもののOPはこうでなくちゃ!

儚くも永久のカナシ
カナシには「悲し」「哀し」「愛し」と意味があるけど、それをすべて含んだ意味なんだろうと予想。

OPにしては動画の最初の部分のテンポが変なので、第1話EDの特別仕様と予想。
沙慈⇒ルイス⇒アンドレイ⇒セルゲイ&ソーマ⇒アレルヤ
の流れは秀逸。
関係性が連鎖しつつ登場人物紹介になっているし。

気になった点は、

・緑色のガラスケースにティエリア。
 ⇒マイスターの過去が流れる場面なので、唯一出自が謎なティエリアの過去あたりに関係するのだろう。

・リヒティとクリス。
 ⇒(TДT)

・ハム専用アヘッド(?)
 ⇒前期、唯一(専用チューンナップされていたとはいえ)汎用機でガンダムを負傷させた人が、GNドライブ搭載機に乗ったら最強じゃないのか?

・やはり生きていたサーシェスと専用機。
 ⇒ファングがガンガン飛んでいたので、ツヴァイの流れをくむ機体か。セラヴィと対峙するということは、ティエリアがロックオンの敵ということで因縁が生まれたか。

・ダブルオーの脇を飛んでいった戦闘機
 ⇒バレによると沙慈が乗るらしい。ダブルオー専用サポート機らしいが果たして。




半年ぶりでしたが、待ったかいがありました。

弟ライルの登場かぁ……。
個人的にはクリスとロックオンの遺志を継いだフェルトがガンダムに乗ると思っていた。
彩陽ちゃんのファン、という色目を抜きにしてもねw
両親が第2世代のマイスターという設定だったし。

posted by 宮崎トリコ at 17:57| Comment(2) | TrackBack(29) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

起動戦士ガンダム00 #25

第25話「刹那」


第1期、最終話。

急展開過ぎて、何から書けばいいんだかわからない!(汗)


箇条書きに。
(あとで整理します)

▼刹那の「狙い打つ!」と、GNソードについての回想は、今でもマイスターたちはロックオンと共に闘っているんだなぁ、と感動。すごく良かった!

▼ラッセ……やっぱり死亡組?(涙)

▼金色ジム。これは……百式w?

▼見下したしゃべり方からすると、パイロットとしての腕はアレハンドロのが刹那より上?

▼黒幕はやはりリボンズかい!

「俺たちがガンダムだ!」



▼アレハレ、融合!?

▼髪をかきあげた姿はカッコよかった!

▼ソーマ=マリー!?

▼初めて「ピーリス」と名前で呼んだセルゲイ。

▼そしてソーマは親ぐまさんに告白w?(違)

▼気持ちが一つになったことで、ハレルヤは消滅……か?



▼ティエリアは……普通に考えれば、太陽炉を放りだした時点で死亡フラグなんだけど、次回に顔が出てるしなぁ。



▼グラハムwwwwなんでこんないつもいいところで出てくるんだwww

▼刹那の「ビームサーベル!?」は、初邂逅の対比になってて面白い。

▼GNフラッグは、GNドライブを差し替えることによって、高出力のビームサーベルを展開することを可能にした(ある意味)接近戦タイプとみた!(こういう工夫や改造は大好き)

▼刹那もグラハムも顔バレ。

▼愛を語ってしまうしw

▼呆れ声の刹那に萌えたw(爆)

▼刹那はゆがんでいる、と言ったけれど、グラハムは真っ直ぐ過ぎるんだろうなぁ




▼刹那……やっぱりマリナ宛に手紙書いてたのか。素直じゃないな。

▼この様子だと、刹那生存に50円。


【セカンドシーズン】

▼舞台は4年後。(私の予想は3年後。外れた……)

▼沙慈、病みっ子になったと思ったら、しっかりルイスとの約束通り宇宙に働きに。根がイイ子なんだな……。

▼世界連合は連邦軍として維持されることに(世界は一応、ひとつに?)

▼黒人の連邦代表っぽい人が、いま米国の大統領選で注目を集めるあの人に似てると思った。

▼ちょwww普通にコーラ生きてるしwww

▼ネーナがリューミンに「お嬢様」って。やっぱり兄弟が亡くなったらリューミンを頼って行ったのか。

▼シーリン、マリナの元を去る。CB加入フラグ? それとも、マリナが立派な為政者になったという表現方法?

▼イノベイター? リボンズはハーレムだなぁ。

▼グラハムの仮面ww

▼アリー!? 兄貴の刺し違えた意味が……(涙)

▼ティエリア×ルイス!? え!?

▼と思ったら、彼女(?)がリジェネらしい。

▼リジェネ役として朴さんの名前が。また、かつてのガンダム主役級声優が参戦。

▼00ガンダム。薄暗かったけど、なんだかカッコよさげw





HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う


1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う


HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by 宮崎トリコ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(83) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

起動戦士ガンダム00 #24

第24話「終わりなき詩」


リアルタイムで見れなかったため、録画で視聴。


サブキャラがどんどん死んでいく、まさに1期の山場。


これが戦争を描く「ガンダム」の本質か。
これでもかと主要キャラの命が宇宙へ散っていく。

クリス。
リヒティ。
コーラ。
モレノ医師。

トレミークルーの和気あいあいとした身の上打ち明け話。
前回の戦闘で生き残ったコーラサワーに安堵するカティ大佐。

直前の会話が無為の死への涙を誘う……。



司令室(?)へ銃口が向けられてそのまま発射、というのは、同じ状況においてそこに都合よくフリーダムが救援にきた種へのアンチテーゼと受け取った。
戦争に救いなどないのだと。


アレハンドロの駆るMAの砲撃によって、トレミー、ナドレ、キュリオスが大破。
しかし、金ぴかの成金MAは趣味が悪い……。

ナドレは戦闘不能。
キュリオスはかろうじて戦闘可能レベルの破損だけど、来週にソーマとの決戦が待っていそうでどう転ぶかわからなさそう。



ロックオンやクリスの遺志を継いだフェルトが今後どう成長を遂げるのか、期待。

あとはグラハムとネーナの動向が気になる。
最終決戦に間に合わなかった両者は2期へ持ち越しか?
ネーナは疑似太陽炉計画の根本の情報を握ってそうな偽ハロを持っているので、まさか死なないとは思う。
沙慈は必要な描写は描ききったと思うから、2期で思い切り活躍するだろう。



来週は1期最終回。

生き残るのは、

主人公補正で、刹那。
遺志を託された、フェルト。
CBの要である、スメラギ。
その同舟の、イアン。
正体のまだ明かされていない、ティエリア。

と予想。


+ + + + + + + + + + + + + + + 

大変申し訳ありません。
こちらの手違いで、いくつかのブログ様に別名義のトラックバックを送ってしまいました。
お手数ですが、「一人十色」名義のトラックバックは削除をお願いいたします。


自分では冷静なつもりでしたが、あまりの展開によるショックでどうかしていたようです。
本当にすみませんでした。

+ + + + + + + + + + + + + + + 


posted by 宮崎トリコ at 23:42| Comment(2) | TrackBack(34) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

起動戦士ガンダム00 #23

第23話「世界を止めて」


ロックオ――――――ン!!! ゜。゜(ノ д `゜)゜。゜


久々にアニメで泣いたわ。

あんなに激情したロックオンは初めて見た。
戦争根絶の根っこにあるのは人間としての恨みだったんだな……。

ツヴァイは爆散していたので、相討ちしたか。
刹那と因縁の深そうだったアリーだったけど、兄貴が仕留めたか。

ベタな演出だったけど、地球を狙い打つ仕草やハロの「ロックオン」連呼が涙を誘う……。
ぎりぎり間に合わなかった刹那とか。

そしてフェルト、直前の安堵の表情はやめてくれ……。

頼れる兄貴だっただけに、今後まとめ役がスメラギさんしかいなくなるトレミーが少し不安。
予告で刹那とティエリアがつかみ合ってたし。

「よお……お前ら、満足か? こんな世界で」

「俺は……いやだね」



何気にユニオンのダリルも退場。
死に様はやはりというか、特攻か……。

大佐の危機だったから、コーラが突っ込んでくると思ったけど予想外だったな。

調査団時代からの頼れる部下を2人失ったハムが、今後どう動くかに期待。



キュリオスの新装備は重砲撃型のキャノンがガンガンジンクスを落としていくのが気持ち良かったけど、少し意外。
今まで一番役に立ってな(ry もとい、目立ってなかっただけに面目躍如か。
ハレルヤとアレルヤは歩み寄ってきてる。

しかし、みんな虎の子のトランザムを惜しげもなく使い過ぎ。


今回撃破されたジンクスは(確認できただけでは)11機。
残りは15機、か……?




【今週のツッコミどころ】

・監禁ロックオン、どうやってロックを突破した?
 まさか鍵を狙い打(ry
・あなたも言うのですか……「行けよ、ファング!!」
・炭酸。 今回唯一の笑いどころ。
 前回の雄姿は見る影もない。
 正直、炭酸は大佐の母艦をかばって散るのが残された活躍の機会だと思う。





1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by 宮崎トリコ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(62) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

起動戦士ガンダム00 #22

第22話「トランザム」


まず……。

ちょ、沙慈が病みすぎ(汗)
「やられちゃえよ、ガンダム」って



実は少し前に、沙慈がちょっと病んだテイストの2期予告風MADを作ってたんだけど、まさかその通りになるとは(汗)
2期沙慈はシンやルルーシュ的なポジション(復讐者主人公)になるのか?

とりあえず、暴走した沙慈を止められるのはルイスしかいなさそうなので、ルイス、ちゃんと沙慈のそばにいてあげて!



気になっていた兄貴は、右目以外は無事だったようです。
ああ、よかった……。

フェルトの「みんなにやさしいんだ」発言がちょっと切ない。
自分には特別であってほしかったんだろうなぁ。
フェルトはロックオンに恋愛感情があるけれど、ロックオンは妹のように思っている、と。

しかし、これでロックオンの容体と展開次第では、2期でフェルトがパイロットに昇格する可能性も出てきたな。
両親がガンダムマイスター、という時点でフラグは立ってたけれど。



アリー……。
もう、ここまで堂々と悪役を演じてくれると、いっそ清々しい。

ミハエルとヨハンは……見せ場なく退場か……。
特にミハエル……ガンダムで戦ってすらいない。
ヨハンの最期は、ガンダムマイスターとなるべく生み出されたデザインベイビーの悲哀が伝わってきたよ。

これまでミハエルのファング捌きが下手だったのは、アリーの超絶ファング操作の演出への布石だったのか。

合掌。



エクシア。
トランザムシステム起動。

ちょwww速過ぎwww
これは、GN粒子による質量をもった残像かw?

エクシアにトランザム、ナドレ(ヴァーチェ)にトライアル、となると、他の2機にはいったいどんな隠しシステムが。



イオリアの爺さんはいろんな事態を想定しすぎ。
アレハンドロが一気に小物化しちゃったなぁ。



posted by 宮崎トリコ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(38) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

起動戦士ガンダム00 #21

第21話「滅びの道」


ロ、ロックオ―――ン!!

兄貴負傷退場か!?
ロックオンが誰かをかばって、というのは予想の範疇だったけれど、刹那だと思ったらまさかティエリアだとは。

というかティエリア、絶望してる場合じゃないだろ。


ラッセはいいとこ持って行きすぎ。
しかし、さすがGNアームズ。なんという火力。
エクシアとドッキングするということは、刹那とラッセの複座操縦になるのかな。


コーラはエースの矜持を見せてくれた。
何気にガンダムに目に見える損傷を与えたのは、ハム、コーラのみという事実。
この2人は軍内で特進してもいいと思う。


今回破壊されたジンクスは3機。損傷が3機。
トリニティが人革相手にどこまで粘ったかは不明だが、残りは27機。

追い詰められている感は拭えない。




そして……

沙慈……orz





1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
販売元 : Amazon.co.jp おもちゃ
価格 :
[タイトル] 1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
[ブランド] バンダイ

>>Seesaa ショッピングで買う



posted by 宮崎トリコ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(3) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

起動戦士ガンダム00 #20

第20話「変革の刃」


誓いを守るグラハムに漢を感じました。
唯一フラッグでガンダムに臨むグラハムが今後のジョーカーになりそう。

教授の遺志を継ぐカタギリがGNドライブを解析
 ↓
対GN粒子の切り札を考案
 ↓
フラッグに搭載

といった展開を期待。
疑似GN粒子は人体細胞に悪影響、という話も出たので、そこらへんが今後のキーになってきそう。
ジンクスに乗らないグラハムは2期まで生存しそうです。


しかし、機体性能が同等ならば、各国のエース>ガンダムマイスターなんですね。
ガンダムマイスターはパイロットとしての腕よりも、CBの思想に同調できる人材を基準に選ばれているのだろうなぁ。(もちろんある程度の腕は持った上で)


絹江の退場は予想通りとはいえ、少しショック。
沙慈の今後が予測できない……。




【今週のツッコミどころ】

・中東のアザディスタン王国で、なぜ池田特派員の映るJNNを見ているのかw

・炭酸はもはや癒しキャラ。
 だけど、純粋バカだけに今後グラハムに次ぐ切り札となりうる可能性は秘めている。





posted by 宮崎トリコ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

起動戦士ガンダム00 #02

第2話「ガンダムマイスター」


ラストでグラハムさんに心奪われましたw
彼がライバルキャラになるのかな?

しかし、ロックオンが良いキャラだ。
どことなく、種のムゥを彷彿とさせられる。

なんとなくソレスタルビーイングの行動目的が明かされてきた感じ。
自身が世界共通の敵となることで、世界を1つにまとめようということか。
少なくとも、スメラギさんと王、なぞの兄弟あたりはそのつもりでいるような気が。


戦闘シーンは種よりも良くなってる。
ロボットの持つ重厚感がカッコいい。
機動力がチートという意見があるけれど、ユニオンのフラッグあたりは機動力は互角だろう。
人革連のMSが重装備特化、というだけの話だと思う。
posted by 宮崎トリコ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

起動戦士ガンダム00 #01

第1話「ソレスタルビーイング」


いや、もう色んな意味で面白かった。

一番印象に残るのはやっぱり第1話から「スペシャル様」「ネオオレンジ」「平成のジェリド」など散々なあだ名を付けられたコーラサワー君。
ギアスのオレンジの成功が生んだのか、こういうキャラは受けが良いのを製作側も良くわかっていらっしゃるww

あと気になったのは、
・刹那の声がほぼデスノ月。演じていくうちにキャラを掴んでいって欲しい。
・Zっぽいのに乗るアレルヤ君が自分を「アレルヤ」と呼ぶ超電波くん。この手のキャラはどうも受け付けないな・・・。
・ロックオン、真上の敵を撃ったら破片が落ちてくるだろ!
・オペレーターのピンク髪の子が長門っぽい。なんというか、クーデレ?
・テレビ放送……閣下!? 閣下ではありませんか!? ガトーは何処にww!?
・パーティのチャイナ娘と、CV斉藤千和の女の子の胸が異様に大きかったなぁ。可愛いから別にいいけど。

戦闘シーンは総じて良かったと思う。
量産機もデザインはともかくなかなかいい動きをしていたし。


だいたいアニメの第1話は世界観を視聴者に説明し心を掴むものと、最初にわけのわからない設定を出すだけ出して後の物語で回収していくものとある気がするけれど、これは明らかな後者ですね。

武力による戦争への介入、というアイタタなメインテーマが、後半大どんでん返しを生む伏線になっているとしたらこのアニメは神になれる。
誰が聞いても「え?」と疑問を持たざるを得ない変な設定で掴んでおいて、後にアッと驚く結末に持っていくのは容易なことではないだろうけれど、期待したい。
posted by 宮崎トリコ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。