2008年04月14日

隠の王 #02

第2話「雷鳴、来る」


風魔の里より侍・雷鳴が来る。
壬晴の無関心にいら立つも、ただの無関心ではないところを目にした雷鳴は壬晴を風魔の里へ連れていくことを提案する。


ようやく女の子キャラ、雷鳴の登場です。
ツッコミのようでいて、実はボケw


壬晴の修業シーンが削られてるのはなんだかなぁ。
原作だと簡単な逃走用忍術とか少しだけ覚えてるのに。

風魔の里での戦いはどう描くつもりだろう?


ツバメの雛を助けるが、崖から落ちそうになる美晴。それを助ける雷鳴。
良いシーンだけど、ツバメは屋根の下など雨よけのできるところに巣を作るので、あんなところに巣があるのはおかしいんだけどなぁ(苦笑)


「みんな腹に一物ありそうだよね」
との雷鳴の談だが、ホントに全員が全員と言っていいほど一物持ってるからなぁw

そういえば、雷鳴の黒い部分はまだ出てないけど、次回へ持ち越しかな?



⇒「隠の王」アニメ公式サイト



隠の王 (1) Gファンタジーコミックス隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 隠の王 (1) Gファンタジーコミックス
[著者] 鎌谷 悠希
[種類] コミック
[発売日] 2004-11-27
[出版社] スクウェア・..
>>Seesaa ショッピングで買う






【関連する記事】
posted by 宮崎トリコ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(9) | ▼隠の王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93793699

この記事へのトラックバック

「隠の王」第2話
Excerpt: 第二話「雷鳴、来る」すべてを思いのままに支配する力が自分の内に宿っている。それの事実を知ったにも関わらず、壬晴の希望は、秘術を自分からはがし取ってもらい、今までのような無関心生活に戻ることだった。壬晴..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-04-18 14:50

隠の王  第2話
Excerpt: さて今回はやっとヒロイン登場ということで雷鳴が来ましたしっかしコレ1クール作品でしたっけかなり展開的に飛ばしてますねまさか雷鳴登場と風魔の里行きを1話でやるとは思わなかった(原作うろおぼえなんでどうい..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2008-04-18 15:20

隠の王 第2話「雷鳴、来る」
Excerpt: 隠の世の番人。
Weblog: ミナモノカガミ
Tracked: 2008-04-18 16:10

「隠の王」2話 雷鳴、来る
Excerpt: 新キャラはクノイチかと思ったら侍だった。 忍者ではないのか? でも忍の血筋のようだしわざわざ侍と言ってるのには理由があるのかね。親の...
Weblog: 蒼碧白闇
Tracked: 2008-04-18 17:27

アニメ「隠の王」 第2話 雷鳴、来る
Excerpt: ――私は清水雷鳴。侍だ! というわけで、2話目で女の子が登場です。 今回も壬晴の小悪魔っぷりは健在。「隠の王」第2話のあらすじと感想で...
Weblog: 渡り鳥ロディ
Tracked: 2008-04-18 18:36

隠の王 第2話「雷鳴、来る」
Excerpt: 「俺は全てに無関心でいたいんだ・・・」 忍術同好会で稽古に励む虹一と雲平。でもやっぱり壬晴は無関心〜♪だがそこへツインテールの美少女、清水雷鳴現る!! 彼女は風魔の忍。なんだけど・..
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2008-04-18 23:35

隠の王 第2話 「雷鳴、来る」
Excerpt: 新キャラの清水雷鳴。 ツインなのでてっきりツンツンしてるのかと思ってたら・・・ 興奮すると人を間違えたりするナイスボケキャラでしたw ...
Weblog: リリカルマジカルS
Tracked: 2008-04-18 23:36

隠の王 第2話『雷鳴、来る』
Excerpt: 様子見作品なままの『陰の王』第2話ですが、 初回より面白かった~というのが第一印象ですかね。 今回の方が見易かったというか、雷鳴ちゃんが引っ張ってたからかな?
Weblog: 風庫~カゼクラ~
Tracked: 2008-04-19 05:26

隠の王 第二話 「雷鳴、来る」 一話のときより無関心度が上がったような気がするのは
Excerpt: 隠の王 第二話「雷鳴、来る」 わざわざ輝いてる壬晴を探してしまった理由が分かる人がいれば是非   
Weblog: 裏オタク
Tracked: 2008-04-19 13:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。