2008年03月19日

アーサー・C・クラーク、逝く

「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去
[コロンボ 19日 ロイター] 小説「2001年宇宙の旅」で知られる英国人サイエンスフィクション(SF)作家アーサー・C・クラークさんが、スリランカで死去した。90歳だった。クラークさんの秘書が19日明らかにした。
 秘書によると、死因は心肺機能の不全。1917年に英国で生まれたクラークさんは、70年近くにわたるキャリアの中で80冊以上の著作と多くの短編小説や記事を執筆。1940年代には、2000年までに人類が月に到達すると予想していた。
 クラークさんは昨年12月、90歳の誕生日に友人向けの別れのメッセージを録音。その中で、生きているうちに地球外生命体が存在する証拠を見たかったと述べていた。



一番好きなSF作家のお一人でした。

SFというジャンルにおいて、この人の残した功績は大きすぎます。
20世紀の文学を変えた一人といっても過言ではないでしょう。

2001年宇宙の旅では、HALの悲哀に考えさせられました。
あなたの生み出したHAL9000は、今年11歳になりましたよ。

かくいう私は、「渇きの海」という作品が大好きです。
月面で事故にあった観光船の救助、というただそれだけの話なのですが、諦めず懸命に抗う人間の描写が素晴らしいのです。
ロボットも宇宙人も出てきませんが、しっかりと作りこまれたSFです。


ご冥福をお祈りします。
posted by 宮崎トリコ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90129636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。