2008年10月05日

機動戦士ガンダム00 2nd #1

第1話「天使再臨」


待っていた……待っていたぞ! ガンダム!!


やはりというべきか、初回からグロをやってくれました。
ガンダムらしいといえばらしいけど。


セルゲイはソーマを養子にでもするのかな。
最後に息子の存在を知ったソーマが意外そうな顔してたし。


セラヴィ、なかなかいいじゃん。
新ガンダムといい、アロウズの機体といい、最初は格好悪いと思ったけど動いてるの見るとむちゃくちゃカッコいいなぁ。


ガンダムを目撃したルイスの目が光ってたね。
後天的にティエリアやリボンズの能力を埋め込まれたとか?
体調もかなりよろしくなさそうだったし。

いずれ沙慈vsルイスはやらかしそう。


ティエリアと刹那は以前ほどギスギスしていない。
むしろ信頼があるようにも思える。
ロックオンの繋いだだ絆は生きているのだと実感。


そのロックオンは死亡確定のようだけど、弟(?)のライル登場。
ロックオン並みの狙撃能力を持っているのかな?


OPは大好きなUVER。
正直1stシーズンなんて目じゃないほどの出来。
というか、曲の出来は1期もよかったけど、こっちの方がカッコいい。
ロボットもののOPはこうでなくちゃ!

儚くも永久のカナシ
カナシには「悲し」「哀し」「愛し」と意味があるけど、それをすべて含んだ意味なんだろうと予想。

OPにしては動画の最初の部分のテンポが変なので、第1話EDの特別仕様と予想。
沙慈⇒ルイス⇒アンドレイ⇒セルゲイ&ソーマ⇒アレルヤ
の流れは秀逸。
関係性が連鎖しつつ登場人物紹介になっているし。

気になった点は、

・緑色のガラスケースにティエリア。
 ⇒マイスターの過去が流れる場面なので、唯一出自が謎なティエリアの過去あたりに関係するのだろう。

・リヒティとクリス。
 ⇒(TДT)

・ハム専用アヘッド(?)
 ⇒前期、唯一(専用チューンナップされていたとはいえ)汎用機でガンダムを負傷させた人が、GNドライブ搭載機に乗ったら最強じゃないのか?

・やはり生きていたサーシェスと専用機。
 ⇒ファングがガンガン飛んでいたので、ツヴァイの流れをくむ機体か。セラヴィと対峙するということは、ティエリアがロックオンの敵ということで因縁が生まれたか。

・ダブルオーの脇を飛んでいった戦闘機
 ⇒バレによると沙慈が乗るらしい。ダブルオー専用サポート機らしいが果たして。




半年ぶりでしたが、待ったかいがありました。

弟ライルの登場かぁ……。
個人的にはクリスとロックオンの遺志を継いだフェルトがガンダムに乗ると思っていた。
彩陽ちゃんのファン、という色目を抜きにしてもねw
両親が第2世代のマイスターという設定だったし。

posted by 宮崎トリコ at 17:57| Comment(2) | TrackBack(29) | ▼ガンダム00 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

コードギアス R2 #25

第25話「Re;」


色々あったけど、最終話の感想くらいは書こうと思った。
なんだかんだで、この半年ずっと見続けてきたのだから。


ついに最終回。
普通に泣けて、普通に面白かった。
ゼロ・レクイエムの内容はおおよそ予想は付いていたけど、名塚さんの演技に泣いた。
あそこでの泣ける要素の70%近くはナナリーの涙だと思う。


いろいろ納得のいかないところもあったけれど、綺麗に終わらせた作品だと思います。





⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

コードギアス R2 #18

第18話「第二次 東京 決戦」


え……?
ナナリー……?


嘘だぁ……!!! orz
まさか、でも重要キャラなのにシャーリーよりあっさりしすぎているから、V.V.の力を奪った皇帝が前回のブラックリベリオンの時のように救出とか。

ないか……。

久々にリアルタイムで見れたと思ったら、なんだこれ……orz



紅蓮は過剰にスペックアップしすぎ。
あの動きでGはどうなってる?
我らがエース・グラハムでさえ、あの程度のGで吐血してたのに。

ジェレミアのジークフリートはOPのものとは違うので、今後ラクシャータによって過剰パワーアップしていくかと。



次週のタイトルは「裏切り」
おそらく、虐殺の事実を知った藤堂がゼロを糾弾か。
それだけではないだろうから、フレイヤを使ったスザクにブリタニアが糾弾する2つの意味での「裏切り」になる予感。

ニュータイプだったかで、カグヤとラクシャータはゼロの正体を知ってもきっと裏切らないでしょう、というような福山さんへのインタビュー記事が載っていたから、この2人のルルへの裏切りはなさそう。
と思いたい。

大穴で、スザクへの不信からジノが裏切る可能性も考えたけど、それならブリタニア側からのスザクの追放で済む話だし……。

あ、今回の一件、スザクにお咎め無しで、それに納得のいかないジノがブリタニアを裏切るのかな?



超展開でもない限り、今回の退場者は、

・ナナリー
・咲世子
・朝比奈
・ギルフォード
・ローマイヤ
・木下
・ナイトオブテン
・グラストンナイツの2人

かな?





⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(17) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

コードギアス R2 #13

第13話「過去 から の 刺客」


シャーリー……orz
思えば一期から報われない役回りばかりだったな。

携帯公式サイトによるとロロによる殺害はほぼ確定かと思われ。
ただ、あのコードギアスなので、直接描写ない限り安心はできなさそう。
明らかに撃つ場面とかがないのはおかしいし。



本編についてはお腹いっぱいだから、新しいOPで少し気になった部分を考察しようか。


新OP考察

・イントロ前の3人が夕日をバックに立つカット
⇒左からマリアンヌ、皇帝、V.V.に見える。

・斬月の飛翔シーン。
⇒次週の嚮団襲撃のカットと思われ。

・サビ前のナイトメアが並ぶ場面で、トリスタンのフロートが黒の騎士団仕様の飛翔滑走翼に
⇒ジノ裏切りフラグ?

・それと並んでモルドレッドも
⇒アーニャも騎士団サイドに?

・パワーアップ紅蓮
⇒翼のようなフロート(飛翔滑走翼)に加え、右腕部の爪の色が金色。全体的にごつごつした印象に。

・紅蓮と一緒にランスロットが
⇒カレン裏切りフラグ? それとも単に第三勢力に対してカレンとスザクの共闘展開が待っているだけか。

・ニーナの作っていた核兵器の完成番らしき装置。
⇒単に核兵器として登場するのか、サクラダイトに代わるエナジー装置として登場するのか気になるところ。

・宇宙に浮かぶ戦艦らしきモノ
⇒ジークフリートのパワーアップ版と思われ。超高高度からハドロン砲を狙い打つ装置とか。

・みんなが笑顔で去っていく場面
⇒これから来るであろう悲劇的展開をギャップで引き立たせる演出か。
 (だとすると今回死亡が確定したとはいえ、シャーリーがいないのは不自然ではあるけれど)

・最後のジノのみがシリアス顔
⇒上記の裏切りフラグの補完か?

・ラストは皇帝、シュナイゼル、ルルーシュ(ゼロ)のカット
⇒3勢力による三つ巴展開か?(ブリタニア側が皇帝派とシュナイゼル派に分裂とか)



⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 04:37| Comment(1) | TrackBack(16) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

コードギアス R2 #12

第12話「ラブ アタック!」



なんというか、超積極的バレンタインだよね。
このイベント。

会長とシャーリーのため(って言ったら元も子もないけど)のイベントとはいえ、なんかくっついたカップルもいたっぽいしね。


全体的にギャグ回だったけど、一応シリアスな展開もあったなぁ。

他の皇族兄弟が集合してたし。。。



しかし、なんといっても・・・


ネリ様ぁぁぁぁああああ!!!


やったw
どれほどこの日を待ち焦がれたか!

しかもなんと華麗な登場!

オレンジ復活の日よりも狂喜してる自分がいるよw
ひゃっほう!

よかったね! ギル!

ネリ様は1年経ってよりお美しくなられていましたね〜。
今の方がずっと好みですわww




⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(18) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

コードギアス R2 #08

第8話「百万 の キセキ」



ゼロ、コスプレ会場はこちらです。
みんなで仲良く国外逃亡いたしましょう。



ナナリーのお付きのメガネがシーリンと被る。
ナナリーへの報告書類等はすべて点字か口頭か。事務処理なんかにはサインも必要だろうけど、その辺はどうしてるんだろ。


幼女皇女www リヴァルwww

ロロのスザクに対する視線が怖ス。


「生きろ」のギアスは継続中。
以前のスザクなら、あそこで刺されていた、かな?

まぁ、そのせいで自身が撃退した同じ日本人の暴漢の死刑のサインをするのに苦しんだり、アーニャに「マゾ」呼ばわりされたりするわけですが(苦笑)



ロイドが皇帝直属になって、ニーナがシュナイゼル付き科学者になったよう。
例の爆弾は不発だったのか……。

ニーナは可愛くなったなぁ……。
前作、不遇の扱いで人気もいま一つのニーナですが、私は好きです。

あと、マオも大好き。
ネリ様も大好き。
早く再登場しないかなw

どうでもいいけど、シュナイゼルは背が高すぎないか?
服の上からじゃわからないけど、ガタイも相当いいっぽいし、さすがあの皇帝の息子だわw


ゼロとの通信会談(?)
セシルさんの服装はどうなってるんだw?
ロイドさんは相変わらずだるだるw
この場にギルがいないのは意外だったけど、そういえば病院送りになってたんだっけ。



ロウソクを流すのは盆なのか、ブリタニア独自の行事なのか。
もう一つのユフィの分はルルだろうな、きっと。

ユフィ殺害の件は、ギアスの暴走でどうしようもなかったとスザクが知ったら、どうするんだろ。
ルルも言い訳するキャラじゃないし、真相は明かされないと思うけど。



扇と千草は……どうなるんだ?
たぶん、ヴィレッタはルルの計らいで会場入りしたんだろうけど、何かの作戦に組み込まれていたわけでもないし、ただ純粋に扇と会わせたかっただけ?



星刻の副官、香凛、初登場。
喀血した星刻は病気かな。



さすがに百万もゼロがいると気持ち悪いなw
仮面を付けていても、誰が誰だか何となくわかるのが面白い。

銃を向けるシーリンもどきにユフィのトラウマが蘇るスザク。
まぁ、ここで撃っちゃったら大虐殺の再来になるし、後々の大反乱の芽になるだろうし、何よりユフィの件も含めてブリタニア本国でも大問題になるだろうからね。
シーリンもどきは「国民!? イレブンのことか?」と言うが、ブリタニア人も納得しないだろ、これは。
内部分裂を生むぞ?(主義者、だっけ)

何気に咲世子にもゼロの正体を明かしてるし。



予告後のCMは狙ってるとしか思えないwww
ジェロ可愛いよ、ジェロ。



⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(45) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

鬱です。鬱々真っ盛りです。

鬱です。
やばいくらい体調がきついです。
気力が湧きません。
アニメ見てもレビュー書ける気がしません。

ちょっとの間お休みします。

一応、ギアスと隠は少しずつ頑張るけどたぶん他は無理。



↓以下は鬱々した愚痴なんで、苦手な人は注意してね。

続きを読む
posted by 宮崎トリコ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

コードギアス R2 #06

第6話「太平洋 奇襲 作戦」


紅蓮、飛ぶ!

ルルとナナリーの修羅場(w?)なんかより、紅蓮可翔式のカッコよさが印象に残った回でした。
空中換装とかかっこよすぎw!


徹甲砲撃右腕部強すぎw
輻射波動をロングレンジとワイドレンジで、って最早距離を選ばない強機体になっちゃったなぁ。



あと、毎回スザクとセシルさんの発艦シークエンスはカッコよすぎ。

「ランスロット・コンクエスター、発艦!」
「発艦!」

のやり取りは最高。
発艦、の時の井上さんの声がツボなんです。

ロイドさんは相変わらずで萌えたw




⇒「コードギアス」アニメ公式サイト


posted by 宮崎トリコ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(10) | ▼コードギアス R2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

模様替え〜

5月になっても桜はおかしいので、デザインを変更。

ぬこにしてみましたー。



しかし、水彩色のデザインがないのがな〜……。

Seesaaブログでそれらしいオススメテンプレがあったら教えてくださーい(´人`)
posted by 宮崎トリコ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

隠の王 #05

第5話「慾」


風魔の里から帰還した壬晴たち。
そこに以前壬晴を襲った山背が現れ――。


秘術関連の書物の処分。
壬晴の視力が戻らないのは、気羅の影響……だったかな?
もうコミックスが手元にないから細かいとこわかんないや(苦笑)


自らを天涯孤独と称する雷鳴に、「俺たちは君の何? 友達だろ」と言う壬晴。
雷鳴自身は仇である兄の雷光をおびき寄せるために壬晴のそばにいるつもり、だったけれど、心境に変化が。

今回のことで絆は深まった……w?
普通の男女ならこの場面でフラグが立つんだろうけど、なぜかこの2人の場合、フラグに感じないのが不思議だ(苦笑)



一度襲われた相手に動揺すらしない壬晴は大物なのか、感覚がずれているのかw

山背の気持ちは、(一応)大人なんでわからなくもない。
あの時こうしていれば、あの時のあれがなければ、とか、誰でも一度は思うことはあるだろうし。

森羅万象を保持している限り、壬晴には思惑をもった者しか近づいてこない。
ある意味真実だろうけど、多感な10代の少年には残酷だよな。
だから壬晴は無関心でいようとしているんだろうけど。


大事なものを守るためには綺麗ごとだけでは済まないと諭される帷先生。
帳先生は忍らしくない性格なんだね。
というか、この人の方が主人公っぽいのはなぜだw


宵風登場。
まともに口をきいたのって、これが初めて?



⇒「隠の王」アニメ公式サイト




隠の王 2 (2)隠の王 2 (2)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 隠の王 2 (2)
[著者] 鎌谷 悠希
[種類] コミック
[発売日] 2005-04-27
[出版社] スクウェア・エニックス

>>Seesaa ショッピングで買う




posted by 宮崎トリコ at 02:00| Comment(1) | TrackBack(14) | ▼隠の王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。